SV大の同じ班で友人でもあるソーさんは、以前からボランティアで、数名のメンバーと、
沢山の施設を慰問されています。今回で126回だそうです。

去年、「母の施設にも来てもらえるのかな?」と軽い気持ちで聞いてみると、
快く「いいよ。」と返事が返ってきました。
ソーさんのふるさとは、台湾です。でも日本に住んで30年以上になるそうです。
お国なまりが、なんとも心地よいソーさんです。

ソーさんのメンバーは人気で、スケジュールもいつも一杯です。
やっと、1月26日に入れてもらいました。

午後2時から施設のお楽しみ会が始まりました。
二階(母の階)の人達が今回は一番前でした。母は一番前の特等席…
私の紹介と言う事で施設の方が気を使ってくださったようです。感謝です。

司会の方の進行で、最初は女性と男性の演歌ではじまりました。
皆さん私の母の事を気にかけてくださって、すぐ前で歌ってくださり、
母もびっくりしたり、喜んだり…忙しそうでした。

演歌  母の前でjpg 

今回、SV大の先輩が一人と、私の班のSTさんもメンバーに入っています。
そして見学件、お手伝いに同じ班のTZさんも、駆けつけてくれました。
さてさて、にぎやかなアフリカンダンスがはじまりました。
音楽も派手、踊りも派手…大騒ぎです。
最後には、誘われてTZさんと私も見よう見まねで参加しました。(息切れ状態…)
多分、母の前で踊ったのは、小学校の学芸会(古い!)以来かもしれません。^^;

アフリカン(1)  迫力


剣(扇)舞も素敵でした。 そして、ユーモアを交えたSTさんの楽しいクイズ…

剣(扇)舞  クイズ 

さ~~かなりスリットの入った黒のチャイナドレスに着替えたソーさん登場です。
マジックショーの始まりです。
話術も面白く、笑わせながら入居者の方も巻き込んで…、
次々とマジックを披露してくれました。
予定の時間も足りない位の盛りだくさんのお楽しみ会になりました。

そして、そして予想もしていなかった入居者の方からのアンコールの声と拍手!!
ソーさんもビックリ…急遽、ソーさんが、歌詞カードを入居者の皆さんに配るという心使い。
『支那の夜』を皆さんと歌ってくれました。

SUさん、マジック  R会のみなさん

ソーさん、そしてメンバーの皆さん、お手伝いして下さった
施設のスタッフの皆様そして、駆けつけてくれた友人に感謝です。
感動と感謝の一日となりました。
母にとっても最高の一日となったようです。
スポンサーサイト

1月11日は、SV大ウォーキングクラブの群馬県の太田七福神めぐりでした。
久しぶりの参加でした。

数日前から、神様の目に留まるよう
綺麗そうな五円を更にハイターで洗い、ピカピカにして赤いリボンを付けました。完璧!(*^^)v
五円玉

朝はやはり寒かったのですが、日中は風もなく穏やかなお天気でした。
最初は長念寺(恵比寿神)→商売繁盛
長念寺  石造七福神

受楽寺(大黒天)→五穀豊穣     大光院(弁財天)→財宝福徳
大光院{子育て呑龍さま}の名物の焼きまんじゅうの焼き立てを苦労してゲット
フカフカのパンの様な生地にみたらし団子のタレの様なものが付いていて、とっても美味しかったです。
執念で食べる事ができ、楽しい思い出の一つになりました。~(^O^)
受楽寺   太田呑龍  焼まんじゅう

まだ三か所ですが、ここで『新田の庄』で昼食タイム
暖かい巾の広い『おきりこみ』と『もっそ飯』を頂きました。とても温まり美味しい昼食でした。
おきりこみともっそ飯

さて、四か所目は金龍寺(毘沙門天)→生業繁栄
途中には、黄色いロウバイや赤い寒椿の花も咲いていました。
お地蔵様  ロウバイ 

玉巖寺(福禄寿)→福運招来  永福寺(寿老人)→無病息災  曹源寺(布袋尊)→福徳円満
玉巌寺  寒椿

群馬なのできっと赤城おろしの空っ風で寒いのでは…と思っていましたが、
穏やかな春の日差し?と思うような穏やかな、ウォーキングとなりました。

(注)…白い文字の入った写真は、同じ班のKさんのHPから頂いてきました。

新年、明けましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。

年賀状

今年も、ブログはこんな具合にバタバタしてしまいますが、
どうぞ、気長にお付き合いをよろしくお願いいたします。

絵手紙の年賀状も気に入ったように書けませんでしたが、もう出さないと…と
こんな感じになってしまいました。
下手なこんな私の絵手紙ですが、一年間飾ってくれる人がいるので、(施設の母)
お年賀の挨拶は表に書きました。(*^。^*)

一日は、次男家族も来てくれて、総勢8人の孫ちゃん中心の賑やかな新年会になりました。
孫のつーちゃんは、お猿さんになっていました。
つーちゃん

二日は、二荒山神社へ初詣、
一日に、兄達が、施設の母の所へ行ってくれたので、三日は私が施設の母の所へ次男家族と行きました。
穏やかな新年の幕開けとなりました。